歯周病(歯槽膿漏)とEr:YAG(エルビウムヤグ)レーザー治療

歯周病とは
成人の約8割は、程度の差こそあれ、歯周病(歯槽膿漏)にかかていると言われています。

それでは歯周病とは、どのような病気なのか?それはお口の中の 細菌(歯垢、歯石、バイオフィルムなどに存在する)によって、歯ぐきの下にある、歯を支える骨(歯槽骨)が溶かされる病気」なのです。

そのため、昔は歯ぐきから膿が出る、ということで「歯槽膿漏」と呼ばれていました。初期には自覚症状が 乏しいため、「歯ぐきが腫れた、あるいは歯がぐらぐらする」などの症状で来院した時には、症状がかなり進行しているため、手遅れの状態であったり、また1本にとどまらず口の中全体に広がる、怖い病気です。

歯周病の治療について
歯周病とは、歯を支えている歯槽骨が溶かされ(破壊)される病気です。まずは「骨の破壊」を停止させなければいけません。
いったん破壊された歯槽骨は、ほとんど元に戻ることはありませんので、「これ以上悪化させない」ということが主な治療となります。


歯ぐきが赤く腫れ上がる、歯石がたまり出血する等の症状の場合。

歯ぐきをきれいにし(歯石などを取る)、正しいブラッシングをすることで治すことが出来ます。また抗生物質等の薬を投与することもあります。

ポケットの炎症が慢性化し膿が出る、歯が浮いた感じがして強く噛むと痛みを伴う、 歯がぐらつく等の症状の場合。

歯石を取り除き、歯を一時的に固定してブラッシング、薬の投与で治すようにします。最初に悪くなった歯肉を切り取ってしまうこともあります。ただし、炎症がおさまっても、このころは歯を支えている歯槽骨というところが溶けだしていますので、ぐらつきが残ってしまうことがあります。そのような場合は、最終的な支えを取り付けて歯を固定します。
どうしても抜かざるを得ない状態でもすべてをあきらめるのではなく、救える歯は残すようにしましょう。義歯を入れる際の支えになります。放っておくと総入れ歯になってしまいます。

歯周病にはむし歯のような激しい痛みはないので、気づかないうちに症状が悪化してしまうことが多いので、定期的に検診を受けましょう。


また当医院では歯周病(歯槽膿漏)治療にEr:YAG(エルビウムヤグ)レーザー治療器を使用しており、ほとんど無痛で治療を実施しております。
また当医院ではレーザー治療を保険請求の範囲内にて診療させていただきます。したがってレーザー治療にかかる費用(料金)は無料(虫歯治療はのぞく)となります。


※当院の歯周病(歯槽膿漏)に関する活動、詳細はPCホームページをご参照ください。
http://www.yabe-shika.com/
お問い合わせ/相談
患者さんの声
診療方針
医院のご案内/地図
トップへ戻る